gemina 店舗 gemina あなたにとって世界でたった一つがここで見つかる。 gemina 世界でたった一つのジュエリーとの出会いをお手伝いします。

Mstars エムスターズについて

Mstarsとは 新しい構造のケイ素合金微結晶 マテリアル 。比重2.33 熱伝導性  強 熱拡散  高 大学研究機関の助力により世に生み出された結晶は様々な分野で応用されています。
シリコン純ケイ素と違い 99.99…%等のシリコン純ケイ素と違い、様々な微量元素との混合素材です。 熱伝導率が良いだけで無く、熱拡散能力と共にテラヘルツ領域の波長を放出することが様々な研究機関で研究されております。 ・シリコンや陶器等からテラヘルツ(0.1-1Thz)領域の波長は出ておりません。
シリコンとの見分け方 MSTARSは主な組成がケイ素の為、見た目や特性がシリコンに良く似ています。 熱伝導性による、氷を溶かす実験ではシリコンと同じく氷をすばやく溶かします。 しかし、熱拡散の実験による熱を加える実験(電子レンジ等)では、熱拡散能力にシリコンと差が出る為 MSTARSは、すばやく熱を発散し内部温度が下がる事が分かりました。 この熱拡散原理によりMSTARS内部に取入れたテラヘルツ光を外部に放出する事が研究機関により分かって来ました。 シリコンとの見分け方は、電子レンジ(500w 20秒程)にMstarsとシリコンを温めることで差が出る事が分ります。 MSTARS 約36.5℃ シリコン約54.5℃  (シリコンによるやけどに注意して下さい)
MSTARS 特性・製造内容 珪素化合物、トルマリン、セラミックスのいずれか一種を主材とし、所定量の主材を減圧状態で溶融させた後に、 鉄、アルミニウム、カルシウムを添加して自然冷却させることにより第1の固化体を生成する。 第1工程と、この第1の固化体を減圧状態で再溶融させた後に 自然冷却させて第2の固化体を生成する第2工程と、 この第2の固化体を常圧状態で溶融させるとともに、 第1工程で溶融させた主材と等量の主材を投入して溶融させた後に 自然冷却させて第3の固化体を生成する第3工程とを有し、 前記第3の固化体からなる人工鉱石(MSTARS)。 熱拡散率 0.8172 (10³m²/s) 熱伝導率 137.057 (w/m/k)
MSTARS 性質 MSTARS製品は、上記に示される様に非常に熱効率が良く、体温や熱エネルギーの代謝が良くなることが報告されいます。 自然の微細な力で起こる、熱の吸収・拡散によりじっくり身体を温めてくれる優れものです。 詳細な内容は、ここで示す事は出来ませんが、様々な良い報告が届いております。是非一度、体感して頂ければ幸いです。
2020年3月 更新    製品はこちらから